訪れていただいた方  ありがとうございます。

今週は 仕事に 追われてしまって あっと言う間に 3月になってしまった様で

記事が お留守になりましたけど ・・・・ 

金曜日の朝は みどりのオッサン を 行いましたし 

夜は 防犯委員による 夜間パトロールを 行いました。

どちらも ネタになるような事は 起こりませんでした。 平和 って事で ・・・


 っで 2月の 初めのころに 記事に書いたのですが 福祉大会で 表彰される?

それで 今日の土曜日 お昼ご飯を 急いで食べて 市民会館まで

自転車で 行って来ました。

DSCN0919.jpg

お顔を 青い星印を 付けておりますけど 防犯協議会や 青少年指導員や 

少年補導委員の エライさんの 方たちで 東大阪社会福祉協議会 って

各種団体の エライさんで 構成されている様です。 

まぁ~ お決まりですけど こんな会場で 食後に 来賓のご挨拶を 

聞きますと・・・ 眠い ・・・・ 昨夜も パトロールして 遅かったし ・・・ 


 っで 第一部の式典は 終了して 第二部の 講演になったのですが

野村 真波 (まなみ) さん と おっしゃる方で

1984年生まれで 中学の時に 看護師を 目指し 高校へ行き 20歳の

看護師の専門学校実習日に バイクで 実習の病院に向かう時に 事故に遭い

初めは ひどい状態 (皮膚や筋肉は 無いし 骨がむき出し状態) の右腕ですが 

切断は イヤだ と 言っていたそうですが 毎朝の 消毒や 治療に 限界を

感じたというか 右腕切断に 決心したそうです。

しばらくの間は ご両親に 当たっていたそうですが 通っていた 看護学校の

先生たちが あちこちに走り回り 最終的に 国の厚生労働省に 出向いて

説得をされ 許可を 得たそうです。 

「 義手の看護師を 認めます 」 と!


真波さんは それを 聞いて 看護師の義手を作り リハビリを 続け 復学をして 

卒業して 看護師国家試験に 合格されて 神戸にある病院の 看護師として 入社。 

そしてリハビリを している時に 車いすのバスケットを 見学したときに

自分は この 無い腕を 見せて 初めて自立 出来るように思い 幼い頃に

していた 水泳をし 水泳選手になり ついに 北京パラリンピックに

平泳ぎ バタフライと出場されました。

2年ほど前の ロンドンパラリンピックにも 出場されましたが 

この時には もう股関節を 痛めていましたが 応援している ご両親の 

目の前で 8位入賞出来て うれしかった と おっしゃってました。

真波さんの ご両親は 右腕を 無くした娘と 3人で ひっそり暮らそうと 

思っていただけに 腕を無くした本人が こんな元気に 明るくなったことが

うれしく思って ・・・ それを ホントの 親孝行と 自分を励ます事と

思って 本当に良かった と いう 「 あきらめない心 」 と言う

講演でした。 

そして 皆さんに プレゼント! と言って 

「ふるさと」 「見上げてごらん夜の星を」 2曲を バイオリン演奏して頂きました。

DSCN0922.jpg

もう私 話を 聞いてる途中から 眼から大粒の汗が ・・・ 

バイオリンの演奏聞いている時も ・・・

水泳している様子は パワーポイントで 見せてもらって・・・

右腕 無いんですよ! 肩から! それなのに ・・・


 っで 自宅に戻って か~ちゃんと ツッコミ娘に 記念品見せて~ 

 と 言われて 開けてみますと

DSCN0923.jpg

「 ラジオを 聞きながら ウォーキング 」 と言うか 万歩計付 携帯ラジオ みたいです。

すると 「 紅白の おまんじゅうが 良かったのに・・・ 」 

感謝状は 腹の足しに ならん! と 言われましたよ~ 

まぁ~ 今になっても なんで ワテが 感謝状? と 思ってるんですけど ・・・ 



 
スポンサーサイト
2014.03.01 Sat l 未分類 l コメント (15) トラックバック (0) l top